ジョブメディア

企業の評判や採用、サービスなど知りたい情報を独自調査した記事をお届けします

片山光晴社長とベストホーム 地元の信頼で40年以上の歴史を築き上げる

片山光晴

神奈川県川崎市多摩区、生田・よみうりランド周辺で40年以上、地域に根付いた営業とサービス提供を行ってきただけでなく、近年は斬新で特徴的な物件の開発に取り組んできたのが株式会社ベストホーム。代表を務めるのは片山光晴さんです。大手の不動産会社では思いつかない、しかも遊び心のある、そう言った物件を開発。物件の仲介・賃貸管理サービスも行っています。

今回のジョブメディアは片山光晴氏とベストホームを紹介するほか、同社が手がけた物件「プラッシュガーデン」シリーズにもスポットを当てます。

川崎市多摩区で40年以上!片山光晴氏とベストホーム

片山光晴

川崎市多摩区にあるベストホーム

川崎市を構成する7行政区のうちの一つ、神奈川県川崎市多摩区都心部へのベッドタウンとして開発されてきた地域です。その多摩区栗谷、小田急小田原線読売ランド前駅から徒歩6分のところに自社ビルを構え、創業から40年以上にわたって、この地域に根付いた事業展開を行なっている不動産会社が株式会社ベストホームです。

家を借りるとき、家を貸すとき、家を買うとき、家を売るときなど、地場の不動産会社に仲介をお願いしたら良いのか、それとも大手のお願いしたら良いのか、迷われるのではないでしょうか。大手不動産会社の場合、地域に根付いた地場不動産会社の場合、それぞれにメリットとデメリットがあります。

株式会社ベストホームが扱っている物件は小田急小田原線読売ランド前駅生田駅近辺が中心です。多数の特徴的な物件の建築・管理を行っているほか、入居後、トラブルなどがあった際にも気軽に相談できる不動産仲介会社として、顧客である貸主、住まう借主の双方から信頼を得ています。

片山光晴氏のベストホームがあるよみうりランドや生田周辺・多摩区というところについて

片山光晴

ベストホーム本社ビル

片山光晴氏が経営する不動産会社、ベストホームがあるのは川崎市多摩区です。多摩区は細長い川崎市の最北端に位置しており、新宿、渋谷、岩本町(秋葉原)、大手町(丸の内)など都内への交通網が発達しています。都内への交通インフラの整備が進んでいることから、都内のベッドタウンとして発達してきました。また、稲田堤、中野島といった区北西部は府中を始めとする東京・多摩地域とのつながりが強いと言えます。しかし、地理的関係、交通インフラの関係から、川崎市の中心部、川崎駅付近などとの商業的なつながりは薄いという状況にあります。

片山光晴社長が勧めるワンランク上の高級賃貸「プラッシュガーデン」

片山光晴

プラッシュガーデンの室内

片山光晴氏が経営する株式会社ベストホームは特徴的で個性的な不動産物件を紹介しています。大手にないこだわりがそこにはあると言えるでしょう。ワンランク上の高級賃貸マンション「プラッシュガーデン」シリーズにはそのこだわりが見えてきます。

片山光晴社長率いるベストホームが勧めているのが、株式会社プラッシュガーデンの高級賃貸マンション、「プラッシュガーデン」シリーズ。「手の届く、ワンランク上の高級賃貸」をテーマに掲げ、間取りや設備、デザインにこだわった高級賃貸住宅シリーズです。

居住者の満足度を高めるために、スキーリゾート別荘やサマーリゾート別荘保有していることに加え、居住者のみが利用可能なテニスコート、3×3バスケットコート、ウォールクライミング、シアタールームなど完備。その多種多様なファシリティーは今後も増えていく予定だそうです。

最大の特徴は「楽器」「音楽」が楽しめること

そして、この「プラッシュガーデン」シリーズ最大の特徴は防音付きの部屋があるということでしょう。周囲に気兼ねすることなく「楽器が楽しめる」「音楽が楽しめる」マンションです。普通のマンションでは大きな音どころか小さな音でも楽器を演奏するのは難しいでしょう。オーディオも迫力のある音で、というのは諦めるしかありませんでした。しかし、ベストホームが扱う「プラッシュガーデン」シリーズのマンションであれば、毎日でも、楽器を演奏することができますし、オーディオを楽しむことができます。

2016年のプラッシュガーデンタワーから取り扱い

片山光晴社長が率いるベストホームはこのプラッシュガーデンシリーズの第一弾となった2016年12月完成の「PLUSH GARDEN TOWER(プラッシュガーデンタワー)」から、シリーズ最新の物件まで、仲介を行ってきました。

「プラッシュガーデンタワー」はワンフロア1世帯という贅沢な作り。四方に窓が設置できるので開放感があります。部屋とフラットになっているウッドデッキ調の大型バルコニーもこの開放感の創出に一役買っていると言えるでしょう。また、床は大理石貼りになっており、床暖房までも完備されています。地下には共有施設のシアタールームがあり、余暇を最新のシアターセットで過ごすことができます。

プラッシュガーデンタワーの各戸に完備された防音室はこのマンション最大の特徴ではないでしょうか。この防音室は外に音を出さない、つまり外からの音をシャットアウトします。静かに眠りたい方などの寝室としての使用も面白いのではないでしょうか。さらに1階の住戸は完全防音の地下室付きとなっています。一般のマンションではギターやピアノ以上に演奏が不可能なドラムなどの通常の楽器も演奏可能となっています。

「PLUSH GARDEN(プラッシュガーデン)」シリーズ第6段は2021年

片山光晴

防音室が人気のプラッシュガーデンシリーズ

「PLUSH GARDEN(プラッシュガーデン)」シリーズは現在も開発が続いています。2021年4月末には第6弾となる高級賃貸マンション「PLUSH GARDEN GAZEBO a.e. (プラッシュガーデン ガゼボ)」が完成しました。この「PLUSH GARDEN GAZEBO a.e.」は見晴らしの良い高台に位置し、日照、通風を考えた作り、そして各戸に防音対策がとられた部屋があるファミリータイプのマンションです。、間取りは2DK・2LDKを中心。3LDKもあります。

「PLUSH GARDEN GAZEBO a.e.」というネーミングにある末尾のaとeは英語の「Anything else」の省略形。「他に何かこれ以上のものはありますか?」という意味があります。この言葉からわかるのは建築に携わった人たちの想い。それだけこのマンションに対して自信がある、ということなのではないでしょうか。

プラッシュガーデンシリーズのこだわりの設備、全戸に楽器対応の防音室が備わり、そのうち3戸の防音室はドラム対応型です。ドラムに対応している防音マンションは珍しいと言えますが、3戸もあるのはこのプラッシュガーデンシリーズならではだと言えるでしょう。部屋によってはリビングとダイニングの間に中庭がある仕様もあります。このタイプの部屋は夏の夕暮れに中庭テラスでBBQなどを楽しめる作りとなっています。

シリーズ最新の「PLUSH GARDEN  CRYSTA (プラッシュガーデン クリスタ)」

片山光晴

プラッシュガーデン クリスタ

「PLUSH GARDEN(プラッシュガーデン)」シリーズの最新マンションは第7弾の「PLUSH GARDEN  CRYSTA (プラッシュガーデン クリスタ)」です。「単調な毎日に輝きを」をテーマに企画・展開しています。また、この最新の「PLUSH GARDEN(プラッシュガーデン)」は音楽業界の方々の居住をターゲットにデザインされているといいます。

外観、正面玄関を入ると5mの吹き抜けがあり、夜間にはクリスタルをイメージしたライティングが施されます。エントランス棟の3階には多目的ホールを設置。ミニコンサート程度ならば可能な広さの部屋があります。

隣の部屋あるいは階上の部屋からの生活音を完全に遮断するため、各戸との壁および床との鉄筋コンクリート厚みを22㎝と通常の1.2倍の厚さ。各戸の居住スペースとしては、2LDK(1F/2Fメゾネットタイプ)12戸と1LDK(3F)12戸から構成されていて、2LDKタイプは階下を防音室としています。

PLUSH GARDEN  CRYSTA (プラッシュガーデン クリスタ)の主な仕様と設備

  1. 正面入り口と各戸住居空間はセキュリティーと静粛性を最重視して完全に切り離された設計
  2. 2階から入る2LDKタイプは1階に専用の防音室完備
  3. 3階に位置する1LDKタイプのLD部分は高級カーペットを使用。(階下への音問題等の最小化)
  4. 南向きに設置された窓ガラスは全て二重構造のペアガラスを採用
  5. TOTO製ジャグジーバス
  6. 全戸DK部分に床暖房付き
  7. 鉄筋コンクリートの壁と床は全て22cm(通常18m)で防音性と耐震性を向上
  8. 屋上には12箇所の家庭菜園用大型プランターを設置し、居住希望者が利用できる
  9. 正面玄関3Fにはイベントルーム、またその屋上にガーデンパーティーも可能なスペースを設置

現在、ベストホームが入居募集を行なっている「PLUSH GARDEN(プラッシュガーデン)」シリーズがこの「プラッシュガーデン クリスタ」です。

まとめ

片山光晴氏が代表を務めるベストホームは川崎市多摩区よみうりランド駅や隣の生田駅といった近辺の不動産仲介に強い会社です。大手の不動産会社では見かけることが稀な特徴ある物件も仲介しています。その一つが「プラッシュガーデン」シリーズ。全戸に防音室を備えている物件です。片山光晴氏が経営しているベストホームはこうした特徴的な取り組みが注目されています。

企業概要

  • 商号:株式会社ベストホーム
  • 代表:片山光晴
  • 所在地:〒214-0039 神奈川県川崎市多摩区栗谷1丁目1-9ベストホーム本社ビル1F
  • 交通アクセス:小田急小田原線 読売ランド前駅から徒歩5分
  • 電話番号:044-966-3030
  • FAX:044-966-3031
  • 営業時間:09:00~18:00
  • 定休日:曜、祝日
  • 免許番号:神奈川県知事免許(12)第9729号
  • 主な事業内容:不動産の仲介、管理、設計・建築など
  • 公式サイト:

www.besthome-yomiuri.com

家庭教師Eden・居村直希さんに聞く「オンラインのプロ家庭教師たちが掲げる理想の教育」

教育理念として、「子供の未来のための、受験指導」を掲げている家庭教師Eden。一般的な学習塾や家庭教師派遣会社のほとんどが志望校への合格だけを目的とした教育活動を行なっている中、家庭教師Edenは志望校へ合格してからが重要と考え、合格するためだけでない、その先を見ることができるようにするための教育活動を行っています。この方針は代表である居村直希さんの持つ教育理念であるとも言えます。ジョブメディア編集部は家庭教師Edenの代表、居村直希さんにお話をうかがいました。

家庭教師Eden代表・居村直希さん「受験の先にある将来・未来を考えておくことが実は一番重要」

居村直希

家庭教師Eden代表・居村直希氏

一般的な進学塾が目的としている教育は「進学するための教育」「合格させるための授業・教育」です。これは決して間違いではないでしょう。なぜなら、それ以外のことは家庭や学校で学ぶこと、学べることだからです。

しかし、家庭教師Eden代表の居村直希さんは「中学受験の後にも人生はまだ先があり、受験の先にある将来・未来を考えておくことが実は一番重要なこと」と言います。

受験する目的が何かを常に問いかける

子供にとって、中学受験の志望校合格が人生における最後の目標ではなく、また仮に志望校に合格できなくても、そこで子供の人生が終わるわけではありません。「生徒たちに対して、受験をする目的とは何か、を常に問いかけています」(家庭教師Eden代表・居村直希さん)。

家庭教師Edenはもちろん合格させるための授業・教育も行なっています。しかし、受験の先にある目的がなければ、合格しても、あるいは不合格であっても、自分はこれからどうしたら良いのか、という壁に当たってしまうことでしょう。

家庭教師Edenは志望校合格の先に見える景色を想像できるように指導

家庭教師Edenの代表である居村直希さんが教える「受験のその先を考えること」は生徒たちがこれからの人生で多く直面するであろう、壁を乗り越えるための準備、そして自ら解決策を探っていけるようになるための準備となる、受験勉強だけでは学ぶことができないものになると言えるのではないでしょうか。

家庭教師Edenは生徒全員を第一志望合格に導くことを目的としていますが、その先に見える景色も想像できるよう、指導していく、つまり長期的な目標として「将来、生きていく力を身につける」ことを提唱し、こういった方針を持って教育活動を行なっているそうです。

家庭教師Edenが対象としている生徒はこんなタイプ

「こんな悩みを持っているなら、ぜひ相談して欲しい」、家庭教師Edenは次のような生徒の成績を伸ばし、志望校への合格という夢を実現してあげたい、と教育活動を行っています。

  • 大手の塾で授業を受けているが偏差値50にも全然届かない
  • 普段の学習は真面目にしているのに、模試だとボロボロになってしまう
  • 高額な教材を買ったり、大手の家庭教師で大金をつぎ込んだりしたが結果が出ない
  • 近くに良い塾、良い先生がいないので選択肢がなく、今後が不安
  • 塾の集団授業には子供はうまく合わず受験をするのも諦めようかと思っている
  • 親や先生に頼らずに、自主学習でしっかりと勉強習慣をつけさせたい!
  • 偏差値50以上を確実にキープし志望校に確実に合格したい!

「一人の子供を勝たせるために」居村直希さんが家庭教師Edenを立ち上げた理由

家庭教師Eden

居村直希代表に独立を決意させたのは?

家庭教師Edenの代表である居村直希さんは20代の頃、私学の教員をしながら、大手塾の講師としても働いていらっしゃったそうです。その塾で人気No.1講師だった居村直希さんですが、大手塾の体制では1人の子供を本当の意味で勝たせてあげることができない、と空しさを感じるようになったと言います。

きっかけは一人の生徒との出会い

そのきっかけとなったのが、一人の生徒との出会いだったとか。ある小学生の家庭教師を引き受けたところ、その生徒は塾の宿題を丸写し、塾の授業はほぼ寝ていて右から左、という壊滅的な状況だったそうです。

「この子を志望校に合格させてあげるためには、受験で勝たせてあげるには、自分のすべてを注ぎ込んで徹底的に個別指導するしかないと痛感しました」(家庭教師Eden代表・居村直希さん)。

しかし、残念ながらその小学生は第一希望の志望校には成績が届かず、別の私立中学に進学することとなりました。中学生となったその生徒はその後も居村直希さんの指導を希望したことから、居村さんも引き続き、進学指導を続けました。

中・高で結果を出して、推薦で名門校へ

中学受験で第一志望校に入学できなかった生徒は中学・高校で優秀な成績を維持して、推薦で早稲田大学に入学できました。この時の経験は居村直希さんに「一人の子を勝たせる」「生きる力を養っていく」「受験の先を見据えた教育を行う」、そういう決心をさせたそうです。

5年前の2017年10月、居村直希さんは個別指導塾Edenを開きました。この決心、そして信念で多くの生徒達を志望校合格に向け、指導されています。

家庭教師Edenのオンライン授業システムは?

家庭教師Eden

オンラインであれば対面以上に子供を熱中させる指導ができる

個別指導塾Edenを創業した当初、居村直希さんは対面での指導を中心に行っていたそうです。「2019年2月、イギリスの北ロンドンSwiss Cottageにある日系の教育機関IMR Educationと提携し、イギリス在住の生徒数十人を対象に、オンライン授業を展開することになったんです。おかげさまでこの授業は大好評に終わることができました。そこで確信したのはオンラインであれば対面以上に子供を熱中させる指導ができる、ということなんです」(居村直希さん)

イギリスの日系教育機関との連携成功が契機に

ウエブ業界関連の仕事にも携わっていた居村直希さんは全国の優秀な講師陣を、オンラインの力で全国各地の生徒とマッチングすることができたらどれほど素晴らしいだろうか、と感じていたそうです。このイギリスとのリモート授業の成功をきっかけに、オンライン専門家庭教師サービスへと指導方法の転換を図ることになり、家庭教師Edenという現在の形になっています。

LINEとVimeo動画を用いた24時間サポートも

家庭教師Edenは居村直希代表と、経験豊富な中学受験プロ講師陣が、大手塾の指導では十分な学力の向上ができないと感じている中学受験を目指している生徒に、週1回2時間のZoomを用いた個別指導と、LINEとVimeo動画を用いた24時間サポート、YouTubeとKahoot!を用いた週4回の参加型ライブ授業を行っています。

完全オンライン化の難しいところは信頼関係の構築

家庭教師Eden

完全オンライン化ではオフライン以上に強い信頼関係が必要

授業の完全オンライン化をスタートした際、家庭教師Edenは難しい問題に直面したそうです。一番大きな問題がオンライン上での保護者との信頼関係の構築。「お互い顔が見えない状態のため、信頼関係の構築にはオフライン以上での努力が必要でした」(家庭教師Eden・居村直希代表)。

24時間サポート体制を構築

そこで居村直希代表ら講師陣は生徒からの質問に対して、すぐに動画で返信し、疑問点を解消するLINEでの丁寧な24時間サポート、動画・音声を用いた応答のほか、生徒の家族に向けた週1回のライブセミナーを通じて、オフライン以上の温かみを提供することを目指したそうです。その結果、「生徒さんのご家族の方々からは血の通ったオンライン指導と評価をいただき、満足度も大きく向上していると聞いています」(家庭教師Eden・居村直希代表)。

問題の解決はライブセミナーなどで

特に好評を得ているのが、ライブセミナー。初めての中学受験となる受験生は様々な感情的葛藤や悩みを抱いています。しかし、それはご家族の方々も同様です。こうした受験生のご家族を対象に、毎週1回対談形式で参加費無償のライブセミナーを開催することで、不安感などを取り除いていこうとしているそうです。また、家庭教師Edenでは保護者の方の求める未来像を明確化して、その実現のためのステップを提示するようなコンサルティングも行っています。

家庭教師Edenは代表自らが仕事を100%楽しむ!

家庭教師Edenでは社員、講師の皆さん、楽しそうに仕事をしています。「私自身、この仕事を100%楽しんでいます。そういう姿を見て、社員、講師のみなさんも楽しんでくれたら」と居村直希代表は家庭教師Edenの社内の様子を語ります。個別指導のプロである居村直希代表は社員教育でもやり方は変えません。家庭教師Edenの社員や講師方々にお話をうかがうと、居村直希代表は一人一人の強みを見抜き、その人のNo.1の部分を引き出しているといいます。

そうした社内の環境が家庭教師Edenで教育に携わっている人たちの仕事の質を向上させていると言えるのではないでしょうか。

まとめ

家庭教師Edenの社員・講師の多くが中学受験経験者だそうです。「自分たち自身が子供の頃に経験してきたことで見えてきた問題点などを解決し、既存の塾業界の教育スタイルに風穴を開けたい」と居村直希代表は言います。「講師陣一同、生徒の生き抜く力を養うべく、今後もより一層の研鑽を行っていきます。現在通っている大手塾などで少しでも不安がある方は、是非一度お気軽に個別相談にお申し込みください」(居村直希代表)。

概要

 

医療法人香華会・九州再生医療センター どんな治療を行なっているのか?採用情報も!

香華会・九州再生医療センター

再生医療」とは、簡単に言えば人間の持っている再生する力を応用する医療技術です。再生医療は日本人メジャーリーガーだった田中将大選手や現役メジャーリーガーの大谷翔平選手が受けた治療方法としても知られています。その再生医療の複合施設であり、治療を行うクリニック、再生医療に利用される細胞の培養センター、そしてリハビリセンターの3施設で構成されているのが医療法人香華会・九州再生医療センターです。

再生医療は人間の持っている自然治癒力を活用

人が転倒して膝を擦りむいた時、そのままにしておくと、血が固まっていき、かさぶたになっていき、気がつくと、そのかさぶたが取れて、皮膚が再生されています。こうした経験は誰しもあるでしょう。再生医療はこれを人工的に行います。つまり「再生医療」とは、人間の持っている再生する力、つまり自然治癒力を活用する医療技術です。

再生医療についての考え方はお分かりいただけたでしょうか。現在、応用が進んでいる再生医療はわかりやすくいうと、ダメになってしまった臓器をもとに戻す治療、という表現が近いと言えます。例えば自分の身体から幹細胞という特殊な細胞を取り出して、増やし、目的とする組織や臓器などにしてから、細胞を取り出した、もとの身体に移植するという治療を再生医療の一つの例として挙げることができます。

香華会・九州再生医療センターにはGackt(ガクト)さんも治療!?

今年5月、アーティスト・GACKT(ガクト)さんの全般的な治療を担当していると医療法人香華会・九州再生医療センターが発表しました。このニュースは、スポーツ紙などで大きく報道されました。

マレーシアのクアラルンプールに住むGACKT(ガクト)さんは昨年8月6日、日本に帰国した後、事務所に体調の悪化を連絡しました。その後、容態はさらに悪化。一時は命にも関わる状態に陥っていたそうです。それから重度の発声障害を併発してしまい、GACKT(ガクト)さんは2021年9月8日、活動を無期限休止すると発表し、ファンを驚かせました。

GACKT(ガクト)さんは神経系疾患による免疫不全を失陥し、海外で治療を受けていたそうです。報道によれば、全身皮膚炎や脱毛症が進行していたそうです。この疾患の日本国内での治療を医療法人香華会・九州再生医療センターが2021年末から引き継がれたそうです。

GACKT(ガクト)さんが受けた治療はご本人自身の細胞を用いた幹細胞治療。加えて、医療法人香華会・九州再生医療センターのリハビリ施設でリハビリも行なったそうです。

今年5月16日、GACKT(ガクト)さんは公式サイトで日常生活に支障がない程度に回復していることと年内に芸能活動を徐々に再開することを発表。先日は出演映画のテレビ放送前にVTRで出演されました。また、芸能活動の再開、出演映画の続編撮影再開も発表されています。

医療法人香華会・九州再生医療センターのウエブサイトがリニューアルされたことで、現在はGACKT(ガクト)さんが治療を受けていた時のお知らせを見ることはできません。しかしGACKT(ガクト)さんも現在は、元気で活動されています。もう掲載している必要はないでしょう。

医療法人香華会・九州再生医療センターについて

香華会・九州再生医療センター

GACKT(ガクト)さんが治療を受けたことでも話題になった医療法人香華会・九州再生医療センターの再生医療。まずは医療法人香華会・九州再生医療センターについてご紹介しましょう。公式ウエブサイトでは以下のようになっています。

 「再生医療等安全確保法」を遵守し、再生医療(幹細胞治療)を「安全」に患者様へご提供し、またより治療効果を向上させる為、クオリティの高い幹細胞を製造できる「細胞培養加工施設」をセンター内に併設しており、さらに再生医療専門のリハビリセンターを完備する「総合再生医療センター」となります。
九州再生医療センターウエブサイトより

九州再生医療センターは再生医療の技術で治療を行うクリニック「医療法人香華会・朱セルクリニック」、細胞培養センター「九州再生医療細胞培養センター」、リハビリセンター「九州再生医療リハビリセンター」の3施設で構成されている再生医療

の複合医療施設です。

香華会・九州再生医療センターで行われている「再生医療

香華会・九州再生医療センター

朱セルクリニック

では九州再生医療リハビリセンターで行われている「再生医療」とはどういうものなのでしょうか。公式サイトでは「再生医療」を次のように定義しています。

人のカラダには、損傷したり弱ってきた部分を修復しようとする働きが備わっています。幹細胞を利用した再生医療は、この修復しようとする幹細胞の働きを何十、何百万倍にも増幅させて、ダメージを受けた血管や機能不全になった臓器に集中的に働きかけ、機能回復をすることで、本来カラダがもっている正常の機能に再び戻すこと(再生)を目的とした医療です。
“幹細胞”を利用した医療“再生医療”(九州再生医療センターウエブサイトより)

九州再生医療センターの診療科目は

香華会・九州再生医療センター内で再生医療という次世代の医療技術を用いて患者さんの治療にあたっているのが朱セルクリニックです。診療科目は以下の通りです。

  • 脳血管障害
  • 脊椎損傷
  • 変形性関節症
  • 糖尿病
  • 肝障害
  • スポーツ外傷
  • 慢性疼痛
  • 再生美容
  • 毛髪AGA

自己脂肪由来幹細胞治療

香華会・九州再生医療センターで行われている再生医療の一つは幹細胞を生体外、つまり体の外で培養し、一定の量まで増やしてから患者さん本人の体に戻すという「自己脂肪由来幹細胞治療」と呼ばれる治療です。この自己脂肪由来幹細胞治療は国内外さまざまな医療研究機関がその効果やメカニズムを研究しています。

そういった観点から見ると、自己脂肪由来幹細胞治療は今、注目されている最先端医療技術の一つだといえるでしょう。

PRP(多血小板血漿)療法

「PRP(多血小板血漿)療法」と呼ばれる治療法が話題となりました。この治療が注目されたのはアメリカのメジャーリーグで活躍し、現在は日本のプロ野球で活躍されている田中将大投手や現在もメジャーリーグで活躍している大谷翔平選手が受けたものだったからです。

この療法について、香華会・九州再生医療センターのウエブサイトでは以下のように定義しています。

PRP療法は患部にあえて小さい傷を作り、治癒(修復)することを怠り慢性化してしまった患部を「新しい危機」の状態に戻すのです。そして血小板の修復させる作用を利用し高濃度にした血漿(PRP)で修復能力を高め、自分の治癒能力で根治しようという考えのものです。

PRP(多血小板血漿)療法(九州再生医療センターウエブサイトより)

PRP(Platelet-Rich Plasma=多血小板血漿)は新しい組織や細胞の成長を促す栄養素が豊富に含まれているといるそうです。患者さん自身の血液を遠心分離にかけて血小板を抽出したのがPRPであり、血小板を濃縮した液体のことだそうです。

国内トップクラスのCPC(細胞培養加工室)と連携する香華会・九州再生医療センター

香華会・九州再生医療センター

香華会・九州再生医療センターのキーテクノロジーとなっているのが、幹細胞の培養技術です。香華会・九州再生医療センターが連携しているCPC(細胞培養加工室)には幹細胞の培養について2つの特徴があります。

1.幹細胞の生存率

培養した幹細胞は生きているものを投与する必要があります。幹細胞の生存率が高いほど、身体に定着しやすくなります。

2.幹細胞の大きさ選定

幹細胞を増やすだけではなく、血管の中をスムーズに動ける大きさのものを選定する技術があります。

リハビリプログラムもある香華会・九州再生医療センター

香華会・九州再生医療センター

リハビリプログラムも含めることで回復を目指す

幹細胞治療は痛みや損傷の源に働きかけるというものですが、それだけではなく、リハビリプログラムを加えることで、患者さんの一度衰えてしまった筋力の回復を目指します。九州再生医療センターには、リハビリ施設が入っており、治療からリハビリまで、回復を目指す一貫した流れを提案できのではないでしょうか。

香華会・九州再生医療センターのリハビリプログラムの中には筋力トレーニングやストレッチによる柔軟運動のほか、「徒手療法」を取り入れ、日常生活の実用的な動きを体と脳に学習させることを目的としたプログラムなどがあるということです。

医療法人香華会・九州再生医療センターの採用情報

香華会・九州再生医療センターの朱セルクリニックでは看護師のポジションで人材募集を行なっています。

採用職種など

必要資格:正看護師 准看護師

業務区分:外来

勤務時間:日勤10:00~19:00/遅出11:00~20:00 ※時間外月平均10時間

休憩時間:60分

給与:

  • 月給22万~28万円
  • 基本給200,000円~250,000円
  • 資格手当20,000円~30,000円

待遇:

  • 賞与年2回
  • 各種保険完備(雇用、労災、健康、厚生)
  • 退職金制度あり(勤続2年以上)

福利厚生:育児休業取得実績あり

休日:週休2日制(日+他1日) ※シフト制

年間休日:125日

特別休暇:年末年始休暇 お盆休暇 育児休業

通勤手当:支給(30,000円まで)

採用に関する質問、相談などはウエブサイトからか、あるいは診療時間内(11時〜20時)であれば電話(0120-765-888)も可能だそうです。ウエブサイトからの質問の場合には3営業日以内に、担当者からメールで連絡が入るそうです

まとめ

国内有数の再生医療クリニックである医療法人香華会・九州再生医療センターは脳血管障害、脊椎損傷、変形性関節症、糖尿病、肝障害、スポーツ外傷、慢性疼痛、再生美容、毛髪AGAといった診療を行っています。医療法人香華会・九州再生医療センターが取り組んでいる再生医療はこうした疾患の治療方法として、今後さらなる技術向上が期待できるのではないでしょうか。

概要

法人名:医療法人香華会・九州再生医療センター
住所:〒813-0017 福岡県福岡市東区香椎照葉3-4-10
TEL: 0120-765-888



電話受付 月〜金 9-18時 | 不定

外部リンク

医療法人香華会:https://kougekai.or.jp/
九州再生医療センター:https://kyusyusaiseiiryou.jp/
YouTube再生医療香華会公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCOEXAtYHjV0VrzaUzBR_BNg

 

 

フージャースコーポレーション 「欲しかった暮らし」と「こころ踊る住まい」

フージャースコーポレーション

「欲しかった暮らしを、しよう」「こころ踊る、住まい」

 

住まう人が求める、この二つの理想実現に向けて事業に取り組んでいるのが、フージャースコーポレーションです。フージャースコーポレーションフージャースホールディングス傘下で総合不動産開発事業を営んでいる事業会社です。新築マンションやシニア向け分譲マンションの企画・開発・分譲事業のほか、全国市街地再開発事業への参画、新築戸建分譲事業、またシェアードオフィス物件の開発も手がけた実績もあります。住まう人に寄り添う不動産物件の開発に取り組むフージャースコーポレーションをご紹介しましょう。

フージャースコーポレーションフージャースとは?

フージャースコーポレーション

インディアナ州の州都、インディアナポリス

フージャースコーポレーションの前身企業、有限会社フージャースは1994年、現フージャースホールディングス代表取締役会長の廣岡哲也氏が設立しました。

その社名「フージャース」の由来には会長の廣岡哲也氏が会社を設立する際、掲げた気持ちが込められています。

日本の住まいを豊かに!

フージャース(Hoosiers)」とは、アメリカ合衆国中西部、五大湖地方を構成する8州の1つ、インディアナ州の州民の愛称なのだそうです。インディアナ州の州都はインディアナポリス。西・東海岸の大都市圏と比べ、広くて豊かな住環境があり、生活コストが安いことで知られています。

岡哲也氏が創業する際、「日本の住まいを豊かにしたい」「インディアナ州フージャースの人たちと同じように広くて豊かな住環境を提供していこう」と決心して、社名を「フージャース」にしたということです。

フージャースコーポレーション東証プライム上場企業

創業以来、フージャースコーポレーションは「郊外型大規模・高品質マンション」というフージャースコーポレーショングループ独自のマーケットを生み出したことが、高い評価を得て、設立からわずか8年という短期間で事業を急速に成長させ、2002年10月、ジャスダック市場に上場しました。翌2003年には東京証券取引所第二部市場に上場しています。そして2004年には東京証券取引所第一部市場に指定換えとなりました。10年で東証一部の上場企業になっています。

東京証券取引所は2021年4月4日に、の市場が再編されました。そこで新たに登場したのが、「プライム市場」です。このプライム市場には株主数が800人以上、流通株式時価総額が100億円以上、流通株式比率が35%以上という基準をクリアしている企業が上場しています。

フージャースが上場している東証プライム市場とは?

日本取引所グループはプライム市場の位置付けを以下のようにしています。

多くの機関投資家の投資対象になりうる規模の時価総額流動性)を持ち、より高いガバナンス水準を備え、投資者との建設的な対話を中心に据えて持続的な成長と中長期的な企業価値の向上にコミットする企業向けの市場

日本取引所グループ「市場区分見直しの概要」

フージャースコーポレーションは現在、東京証券取引所プライム市場に上場しています。この日本取引所が位置付けに適合した企業だといえるのではないでしょうか。

フージャースコーポレーションは1994年に設立され、10年後には東証一部上場を果たしたのは「郊外型大規模・高品質マンション」というマーケットを切り拓いたことが社会のニーズとマッチしていたということが要因の一つだと言えるでしょう。

フージャースコーポレーショングループは2013年、持株会社制に移行しており、現在、東証プライム市場に上場しているのは持ち株会社フージャースホールディングス。フージャースコーポレーションフージャースホールディングス傘下の事業会社となっています。

フージャースコーポレーションの歩み

フージャースコーポレーション

1994年12月 - 廣岡哲也リクルートコスモスから独立する形で有限会社フージャースを設立。

1995年6月 - 株式会社フージャースコーポレーションに改称。

2002年10月 - ジャスダック市場に上場。マンション管理サポートなどの事業を展開するフージャースリビングサービスを設立。

2003年4月 - 新築マンションの販売及び生活コンサルティングを行うフージャースハートを設立。

2003年10月 - 東京証券取引所2部に上場。

2004年9月 - 東京証券証券取引所1部に指定換え。

2005年4月 - インベストメント事業への展開を図るため、フージャースキャピタルパートナーズを設立。

2006年4月 - フージャースハートを合併。

2009年4月 - フージャースキャピタルパートナーズの事業を停止(2015年1月清算結了)。

2013年1月 - アーバンシティを完全子会社化。

2013年3月 - アーバンシティを合併。

2013年4月 - 持株会社体制に移行。単独株式移転により持株会社フージャースホールディングスを設立。戸建事業を会社分割により新設した株式会社フージャースアベニューに承継。フージャースアベニューとフージャースリビングサービスは持株会社直接の子会社とする。

2014年1月 - エイ・エム・サーティワン(現:フージャースアセットマネジメント)を子会社化。

2015年7月 - シニア向け新築マンション分譲事業、シニア向けマンション管理・運営事業、介護保険事業を手がけるフージャースケアデザインを設立。

2016年4月 - スポーツアカデミー(現:フージャースウェルネス&スポーツ)を子会社化。

2022年3月 - 私募リート「フージャースプライベートリート投資法人」運用開始。

フージャースコーポレーションの特徴

フージャースコーポレーション

フージャースコーポレーションは社員の40%が女性というのも特徴

フージャースコーポレーション、そして持ち株会社フージャースホールディングスは画一的な商品・サービスを全国展開するのではなく、多様化した個々のニーズに応えられる企画力、提案力、商品開発力がその特徴となっています。

フージャースコーポレーションフージャースホールディングスはこれらの特徴を生かして、社会が直面している課題の解決を目指した物件の開発を行っています。

地方創生に貢献するフージャースコーポレーション

フージャースコーポレーションはグループをあげて、少子高齢化や過疎化により衰退しつつある地方都市の活性化に取り組んでいます。その一例が中心市街地の再開発事業への積極的な参画です。しかし、単に再開発して終わり、というのではなく、その後の地域コミュニティの再生や賑わいの創出、定住人口の確保なども踏まえた、その地域や土地に合った、最適な事業を展開しています。

DUO SCENEで超高齢社会に対応する新たな暮らし方を提案

フージャースコーポレーション、そしてフージャースホールディングスグループが取り組んでいるもう一つの社会問題に対する解決は到来している超高齢者社会での新しい暮らし方です。社会に向けた提案がシニア向け分譲マンション「DUO SCENE」シリーズの供給です。健常なシニア世代を対象に、心身ともに健康でより長く暮らせる商品・サービスを提供しています。フージャースコーポレーションが掲げている「欲しかった暮らしの実現」をサポートすることにも繋がっています。

「欲しかった暮らし」を叶えるものづくり力があるフージャースコーポレーション

フージャースホールディングス社員の約40%は女性社員です。フージャースグループの女性社員は女性として、妻として、母として、様々な役割をこなしながら日々働いています。同社の社員は各々の部署で女性だからこそ気がつく「あったらいいな」にこだわっているといいます。住まう人の時間と心にゆとりが生まれ、欲しかった暮らしを叶える、「こころ躍る、住まい」を提案しています。

そうした取り組みはグッドデザイン賞を受賞するなど、社会から高い評価を得ています。

フージャースコーポレーションのコーポレートスローガン

フージャースコーポレーションはスローガンに「欲しかった暮らしを、しよう」を掲げています。暮らしをもっと楽しく、もっと豊かに、もっと安全にすること、顧客の「欲しかった暮らしを実現すること」をフージャースコーポレーションの目指す姿として、スローガンにしたそうです。「住まい」に関わるあらゆる分野でお客様のライフスタイルを提案し、共に成長し、貢献してい区kとおを目指しているといいます。

まとめ

フージャースホールディングスは現在、新築マンション分譲事業、全国市街地再開発事業への参画、新築戸建分譲事業を手がけています。自社ブランドの「デュオ(DUO)」シリーズは、共に奏でること、共に創ることを大切にしています。新築分譲マンションで「デュオヒルズ(Duo Hills)」、新築コンパクトマンションで「デュオヴェール(Duo Veel)」、新築戸建で「デュオアベニュー(DUO AVENUE)」、シニア向け分譲マンションでは「デュオセーヌ(DUO SCENE)」を展開しています。

また、フージャースホールディングスは少子高齢化や過疎化によって、衰退しつつある地方都市の活性化に向けて、中心市街地の再開発事業に取り組んでいます。同社の今後の事業展開は住まいを求める人だけでなく、投資家からも注目されています。

企業概要

会社名:株式会社フージャースコーポレーション

設立:1994年12月21日

資本金:2,400百万円

事業内容:新築マンション分譲事業、全国市街地再開発事業への参画、新築戸建分譲事業

代表者:代表取締役社長 小川 栄一

免許:

宅地建物取引業 国土交通大臣免許(5)第6050号

加盟団体

一般社団法人 不動産協会

一般社団法人 全国住宅産業協会

公益社団法人 首都圏不動産公正取引協議会

フージャースコーポレーション拠点所在地

【本社】

〒100-0005

東京都千代田区丸の内二丁目2番3号 丸の内仲通りビル 10階

TEL:03-3287-0740 FAX:03-3287-0874

【北海道支店】

〒060-0001

北海道札幌市中央区北一条西三丁目2番地 井門札幌ビル8階

TEL:011-290-4050 FAX:011-290-4051

【東北支店】

〒980-0014

宮城県仙台市青葉区本町一丁目9番6号 フージャース仙台本町ビル5階

TEL:022-217-1860 FAX:022-217-1861

【名古屋支店】

〒460-0003

愛知県名古屋市中区錦二丁目2番24号 ISM 名古屋丸の内ビル8階

TEL:052-218-2056 FAX:052-223-2350

【京都支店】

〒600-8443

京都府京都市下京区新町通綾小路下る船鉾町394京都市指定有形文化財「長江家住宅」内

TEL:075-353-7511 FAX:075-353-7513

【大阪支店】

〒541-0053

大阪府大阪市中央区本町四丁目4番24号 住友生命本町第2ビル5階

TEL:06-6121-5115 FAX:06-6241-5150

中四国支店】

〒730-0037

広島県広島市中区中町1番24号

TEL:082-542-5050 FAX:082-542-5055

【九州支店】

〒810-0041

福岡県福岡市中央区大名一丁目4番1号 NDビル6階

TEL:092-738-8511 FAX:092-712-6811

外部リンク

フージャースホールディングス:https://www.hoosiers.co.jp/

フージャースコーポレーション

https://www.hoosiers.co.jp/company/profile/corporation.html

 

 

あすみ法律事務所 国際ロマンス詐欺には早い段階で動くことが重要!

あすみ法律事務所

スマートフォンの普及でSNSにアクセスが容易になり、その利用者は増える一方です。SNSは世界規模で利用されていることから、人々のつながりも世界規模で広がっています。日本に住んでいる人がアメリカやヨーロッパの人と簡単に知り合い、コミュニケーションを取ることができるようになりました。

そうした中、問題も発生しています。特に国際ロマンス詐欺と言われる詐欺の手法が話題になっています。ニュースやワイドショーでこの国際ロマンス詐欺という言葉を聞いたことがあるという人もいらっしゃるでしょう。国際ロマンス詐欺は相手の感情や弱みにつけ込み、金銭などを求める詐欺行為です。引っかからないのがベストなのですが、引っかかってしまったとき、その被害を最小限に食い止めなければなりません。この国際ロマンス詐欺への対応で話題になっている法律事務所の一つ、あすみ法律事務所について調査しました。

国際ロマンス詐欺の手法と対策

あすみ法律事務所

SNSが普及していく中で問題になっているロマンス詐欺は、知り合った相手を言葉巧みに騙し、恋人や結婚相手になったかのように振る舞い、金銭や仮想通貨などを送金させる特殊詐欺の一つです。お金やビットコインの提供を求めたり、投資に勧誘したりするものです。

騙されたと思った時には迅速に

SNSのユーザーは世界規模で広がっています。その詐欺行為を働く相手が海外にいる外国人の場合、国際ロマンス詐欺や国際恋愛詐欺となります。その被害を最小限に抑えるためには怪しいと思ったとき、騙されたかもしれないと思ったとき、早い段階で法的手段に向けて動くことが重要です。もちろん国際ロマンス詐欺に遭わないのが一番ですが、万が一遭ってしまった場合、弁護士事務所に相談して解決を図っていくという方法があります。この国際ロマンス詐欺は相手が海外であることから、解決に向けて、迅速な取り組みが求められているといいます。また対策を行う場合にはノウハウも求められます。

あすみ法律事務所が対処する場合は?

今回ご紹介しているあすみ法律事務所が国際ロマンス詐欺の相談を受けた際、最初に行うのが詐欺被害に遭われた内容のヒアリングです。相手がどういったSNSなどのコミュニケーションツールでアプローチしてきたのか、どんなやりとり、手法で自分を騙したのか、被害金額はいくらなのか、などを事細かに確認します。その上で、相談者にとってのベストな解決策、例えば納得できる適正な価格をあすみ法律事務所から提案するそうです。

あすみ法律事務所では対策にはスピードが求められるため、電子契約による契約で締結し、ヒアリングをはじめとする情報をもとにIPアドレス、電話番号、メールアドレスなどで相手を特定。振込先銀行口座の凍結に動きます。この対策を行うために詳細のヒアリングが必要になっているのです。そして、詐欺行為を行った相手を特定後、返金交渉を実施するという流れになっています。

また、国内に目を向けると、「FX株投資詐欺」「副業情報商材詐欺」も年々増加の一途をたどっているとか。あすみ法律事務所によると、こうした詐欺についても、迅速な対応が必要とされているそうです。

あすみ法律事務所が対応するのは企業法務から個人の法律問題まで

あすみ法律事務所

あすみ法律事務所は2016年12月、企業法務のサポートに携わってきた弁護士の麻布秀行弁護士が開設した法律事務所です。企業が安定した経営が行えるよう、法律面からのアドバイスコンサルティングを行ってこられました。

安定した経営のためには法律のスペシャリストが必要

企業が安定した、持続的な経営を行っていくためには業務妨害や信用毀損といったトラブル、リスクに対しての予防を行なっていく必要があると言えます。しかし、どれだけ予防対策を講じていても、新規事業の開発、新製品の開発や販売を行っていく際には、想定外のトラブルに直面することがあるでしょう。予防という観点から、そして万が一、発生してしまったリスクに直面した際の対応という観点から、企業経営において、法律顧問の弁護士にサポートを弁護士に依頼するのはごく当たり前なことです。

あすみ法律事務所の代表パートナー弁護士である麻布秀行弁護士は個人の国際ロマンス詐欺やFX投資詐欺、情報商材詐欺、地域での困りごとのような個人的な法律相談はもちろん、企業の法律顧問として、契約されている企業の経営サポートを法律面から行っています。

あすみ法律事務所について、その評判・評価は?

あすみ法律事務所

あすみ法律事務所は代表パートナー弁護士を務めている麻布秀行弁護士が個人的な法律相談、そして企業法務・企業の法律顧問として、企業間契約や労務に関することなどの様々な面でアドバイスコンサルティングを行い、企業経営をサポートされています。

麻布秀行弁護士は解説記事を執筆されていたことも

こうした顧問業務を通じて関わってきたことで培ってきたノウハウや蓄積してきたケーススタディで、全国中小企業団体中央会発行の月刊誌「中小企業と組合」に労使問題などについて、解説記事を執筆されておられました。その記事は高い評価を得ていたそうです。

麻布秀行弁護士が代表パートナー弁護士を務めているあすみ法律事務所は企業経営者にとって、力強いサポートが期待できる法律事務所だといえるのではないでしょうか。

あすみ法律事務所の運営理念は?

企業の法律顧問として経営のパートナーを選ぶ際、掲げられている運営理念は一つの参考になると言えるでしょう。麻布秀行弁護士は事務所の理念として、以下のことばを掲げています。

ときに「海」は、困難を象徴します。

企業や人が様々な課題に遭遇する様は、まさに大海原を渡る船です。

しかし、大洋を渡る船は孤独ではありません。

我々は、明日を目指して海を渡る企業・人の助けとなり、ともに海をゆくパートナーとなります。そして、「海」は希望の象徴となります。荒れ狂う波の向こうには、美しい明日が待っています。明日を見通し、明日の海を渡り、美しい明日をともに迎える。クライアントの皆様に素晴らしい明日が開けるよう、当事務所がお手伝いを致します。

 

あすみ法律事務所ウエブサイトより

あすみ法律事務所・麻布秀行弁護士の経歴は?

あすみ法律事務所

麻布英之弁護士

麻布秀行弁護士が2016年にあすみ法律事務所を設立するまでの経歴を見てみましょう。

麻布秀行弁護士の経歴

1982年 東京都出身

2001年 私立江戸川学園取手高等学校 卒業

麻布秀行弁護士が卒業した江戸川学園取手高等学校は「心豊かなリーダーの育成」を目標に掲げている茨城県内でトップを争う中高一貫進学校・名門校です。高校を卒業後、大学は国立の千葉大学法経学部法学科に進学されました。

2005年 千葉大学法経学部法学科 卒業、千葉大学法科大学院入学

麻布秀行弁護士が進学した千葉大学法経学部法学科は「時代を的確に読み取り、問題解決能力に満ちて指導力を発揮できるグローバルな人材」の育成を目標に掲げています。

東京圏の国立大学で法学科・法学系の学部学科のあるのは千葉大学を含めて3校だけ。そのうちの1校があすみ法律事務所の代表パートナー弁護士、麻布秀行弁護士の母校です。

2007年 千葉大学法科大学院修了、新司法試験合格(新第61期)

2005年、千葉大学法経学部を卒業したあと、麻布秀行弁護士は千葉大学法科大学院である千葉大学大学院専門法務研究科へと進学されました。千葉大学大学院専門法務研究科は「いかなる最先端の法律問題も、結局は一人ひとりの生活者に関わっていることを常に自覚するため」として「生きている一人ひとりのために」という標語を掲げ一般市民のために法律サービスを提供する法律家の養成を目指している法科大学院です。

麻布秀行弁護士は修了後の2007年、新司法試験に合格しました。平成21年1月8日付け・官報号外の「司法修習生の修習を終えた者」として載っている新第61期司法修習の終了者名簿リストに、麻布秀行弁護士の名前を見つけることができます。現在、官報のバックナンバーを見ることはできなくなっていますが、名簿を転載しているサイトで麻布秀行弁護士の名前を発見できました。

2008年 東京弁護士会に登録、東京都内弁護士事務所に勤務

2016年 あすみ法律事務所 開設

2008年、東京弁護士会に登録し、東京都内の弁護士事務所に勤務していた麻布秀行弁護士ですが、2016年に自身が代表パートナー弁護士となるあすみ法律事務所を開設し、今日に至ります。

あすみ法律事務所の麻布秀行・代表パートナー弁護士についての口コミは?

あすみ法律事務所の代表パートナー弁護士・麻布秀行弁護士についての口コミや評判を調査しました。「先生の選び方」というサイトでNAV国際特許商標事務所の橘先生が麻布秀行弁護士をおすすめの弁護士として挙げていらっしゃいました。

笑顔がとても素敵な先生です。「何でも相談できる」というより、こちらから、なんでもかんでも「自白したくなる」ような雰囲気を持った先生です。私自身、仕事柄、先生と一緒に仕事をすることも多いですが、いつも的確なアドバイスをもらえてとても頼りになる弁護士です。

 

「先生の選び方」より

まとめ

あすみ法律事務所は企業の法律顧問としてだけではなく、個人クライアントの法律相談も請け負っています。これは代表パートナー弁護士である麻布秀行弁護士が「一般市民のために法律サービスを提供する法律家の養成」を目指している千葉大学大学院専門法務研究科で学び、そして、「いかなる最先端の法律問題も、結局は一人ひとりの生活者に関わっていることを常に自覚するため」として、掲げられている標語「生きている一人ひとりのために」を今でも大切にしているからではないでしょうか。

個人クライアントに対して、あすみ法律事務所は国際ロマンス詐欺や投資詐欺、情報商材詐欺といったトラブルの解決に向けた法律相談も受けています。電話やメールによる相談のほか、LINEでも相談窓口を設けておられます。

事務所概要

香月信二氏はASメディカルサポートの代表 再生医療の普及拡大に尽力

香月信二

再生医療の研究が行われ、技術開発が進んでいます。また、再生医療を応用した診療も始まっています。これまで治療が困難だった病気や怪我を再生医療によって、治療できる可能性が高まることから、この再生医療という技術に対する注目が高まっています。

 

再生医療の普及・拡大、そしてこの医療技術をさらに成長させるための事業に取り組んでいるのがASメディカルサポートという企業です。株式会社ASメディカルサポートは今回ご紹介する香月信二氏が代表を務めています。2017年に設立され、今年5周年を迎えました。

香月信二氏が代表のASメディカルサポートは再生医療の発展に貢献

香月信二

再生医療を安全に 再生医療を現実に」というスローガンを掲げ、「安全な再生医療だけを提供する」という姿勢の医療機関を増やすため、再生医療に関するコンサルティングを行っているのが株式会社ASメディカルサポート。代表を務めるのは香月信二氏です。

再生医療という言葉はニュース以外でも時々耳にするようになりましたが、具体的にはどんな医療なのでしょうか。再生医療という技術を利用したもので代表的なものと言えるのが自分の身体から幹細胞という特殊な細胞を取り出して増やしていき、目的とする組織や臓器などにして、自分の身体に移植するという治療方法ではないでしょうか。

株式会社ASメディカルサポートは再生医療に関するコンサルティングのほか、細胞培養加工施設の構築・運営にも携わっています。

ASメディカルサポート沿革

香月信二氏が代表を務めるASメディカルサポートは2017年1月、再生医療に関する医療コンサルタント業を営む企業として起業されました。今日までのASメディカルサポートの沿革を見てみましょう。

 

2017年

1月医療コンサルタント業(再生医療)株式会社ASメディカルサポート起業

 

2018年

1月     事業拡大の為資本金を増資

2月     医療法人社団Forvのサポート開始

6月     株式会社ツツミプランニングと業務提携を締結

 

2019年

6月     株式会社エイオンインターナショナルと業務提携を締結

9月     一般社団法人エレナメディカルグループのサポート開始

11月    銀座聖愛わクリニックのサポート開始

 

2020年

7月     株式会社ANAP、株式会社ANAPラボと業務提携を締結

8月     学校法人日本医科大学日本獣医生命科学大学)と猫の腎障害の治療に関する共同研究契約を締結

10月    株式会社ワイズと業務提携を締結

12月    医療法人ひまわり会のサポート開始

 

2021年

3月     九州再生医療センター開設

8月     香月信二が代表取締役に就任

11月    医療法人社団千美会ガーデンクリニックのサポート開始

12月    Dubai EXPO 2020公式イベント「PLANET JAPAN」

 

2022年

1月     東京医科歯科大の共同研究に関する合意

ASメディカルサポートの事業

香月信二

ASメディカルサポートが取り組んでいるのは再生医療導入の包括的な支援です。

再生医療の申請からアフターサポートまで

再生医療等安全性確保法、いわゆる再生医療新法により手続きが必要となるのは、iPS細胞やES細胞を用いて実際に組織、器官を再生させるような最先端の「再生医療」だけでなく、すでに民間の診療所、歯科医院などで実施されているような治療法でも条件に該当していれば再生医療新法の対象となり、手続き(再生医療等提供計画の提出)の対象となります。

ASメディカルサポートは再生医療の申請(提供計画)からアフターサポートまで一括で行っています。

九州再生医療センターの運営

ASメディカルサポートは数多くの疾患での幹細胞治療を行っている「医療法人香華会・朱セルクリニック」、年間1万検体以上の加工能力を有する国内最大級の細胞加工施設「九州再生医療細胞培養センター」、医療法人香華会が運営する再生医療に特化したリハビリ施設「九州再生医療リハビリセンター」によって構成されている【九州再生医療センター】の施設運営に携わっています。

幹細胞培養加工施設、研究施設の構築と運営

香月信二

ASメディカルサポートは再生医療法に準拠した高い技術と安全性を持つ細胞培養加工施設の技術インフラを構築しています。この加工施設で培養加工された細胞はASメディカルサポートが提携するクリニックに提供されています。また、関連商品開発の拠点にもなっています。

再生医療技術を活用した商品の開発・販売

細胞を培養する過程で上質な幹細胞培養上清液が生まれます。この幹細胞培養上清液を用いた商品を開発しています。

香月信二氏はどんな視点を持って経営しているのか

香月信二

株式会社ASメディカルサポートの代表取締役社長の香月信二氏について、株式会社ASメディカルサポートのウエブサイトに掲載されているプロフィールやインタビュー記事、さらにはSNSなどから見ていきましょう。

香月信二氏は2017年にASメディカルサポートが設立された時のメンバーです。2021年に同社の代表取締役社長に就任しています。

香月信二氏はASメディカルサポートを設立した理由を次のように語っています。

発展途上にある再生医療を、より成長させるためです。ASのスローガンである「再生医療を安全に 再生医療を現実に」という言葉そのものになりますが、ちゃんと安全に、現実に治療を提供していくことが、その発展に繋がると考えています。

ASメディカルサポート香月信二代表インタビューより

SNSのプロフィールで香月信二氏は自身のことを「再生医療オタク」と称しています。実際、香月信二氏は再生医療業界屈指の幅広い知見を持っておられ、コンサルティング業務だけでなく、再生医療に関する様々な事業を展開しており、これまで以上に広い医療分野へ再生医療の普及拡大、そして発展を目指しているといいます。

安全な治療を、現実に今必要な患者様に届ける。そのために、会社を存続させ、医療機関に正確な知識と経験を伝え続ける。事業を通して様々な「益」を社会に循環させることが、私たちが会社として果たすべき役割です。

ASメディカルサポート香月信二代表インタビューより

香月信二氏は法令順守の意識を高めることで再生医療を安全に提供

香月信二氏はASメディカルサポートのウエブサイトに掲載されているインタビューで再生医療を安全に提供するために重要なこととして法令の順守を挙げています。

再生医療等安全性確保法(以下:再生医療法)が施行されたのは2014年ですが、提供する側の法律の知識不足や法令遵守の意識には、まだまだ課題があります。医療分野には大きな可能性がある反面、危険も常に伴うため、「法律によって安全性が担保されたことだけを行う」ことが必要です。「禁じられていない」ということは、「安全である」ということとは大きく違います。まずはその意識を根付かせなければ、再生医療の発展はありません。

ASメディカルサポート香月信二代表インタビューより

ASメディカルサポートではこのような観点から、コンサルティングにおいて、開業のフォローだけでなく、法律の知識が不足することによって発生する危険性なども伝えて、再生医療のフロントマンである医療機関の皆さんに法令遵守の意識を持ってもらう、という取り組みを行っています。

また、こうした再生医療発展に向けた取り組みはコンサルティングを行ったクリニックの開業後も、定期的に法律に関するセミナーへの参加を提案しているそうです。そのためにはASメディカルサポートも正式な法令資料に基づき、法律を正確に理解し、常に最新の情報を収集しているといいます。

香月信二氏が今後目指しているのは再生医療に関する法律をよりよくする存在だといいます。

法律はその時々に合わせて変化していくものですが、今の再生医療法はまだまだ精度が足りない。不足していることを見つけて、法律の完成度を上げられれば、それだけ『提供する基準』が安全なものになります。そうすれば、医療事故の危険性が減り、再生医療に対する信頼度が上がります。それが発展に繋がると考えています。

ASメディカルサポート香月信二代表インタビューより

まとめ

香月信二氏は再生医療業界屈指の幅広い知見を持っておられ、コンサルティング業務にとどまらず、細胞培養施設の運営など、様々な事業を展開し、再生医療の普及と発展に尽力されています。またブログサイト「再生医療の嘘と本当」では臨床の現場から再生医療業界について考えていることや、思うところ、そして気になることの「嘘と本当」を個人的な見解で発信されています。香月信二氏のこれからの活躍に期待が寄せられています。

概要

 

南文雅貴氏 人を育て、未来へつなげる。街と共に生き、縁をつなげる企業・テンワス株式会社

南文雅貴

テンワス株式会社は「人を育て、未来へつなげる。街と共に生き、縁をつなげる。」という理念を掲げ、人と世の幸せへの貢献の実現を目指しています。主要事業は「収益用不動産の保有・運営」「収益用不動産の企画・開発」「不動産の売買」「M&A」であり、都心部で多くの物件の開発を手がけています。

ジョブメディア取材班はテンワス株式会社の企業像、事業内容のほか、経営トップである南文雅代表取締役が掲げる経営理念なども紹介していきます。

テンワスという企業はどんな企業なのか?

南文雅貴社

テンワスが手がけた物件

文雅貴氏が代表を務めるテンワス株式会社はは1979年 3月20日に設立されました。そして、現在のテンワスになったのは1995年のことです。南文雅貴氏、そしてテンワスは不動産の有効活用を第一の使命に掲げています。

不動産を有効活用して街を活性化

文雅貴氏、そしてテンワスは不動産ごとに個別要因や地域特性に応じたバリューアッププランを打ち出していくことによって、その不動産の付加価値を高め、ポテンシャルを最大限に発揮させていくことに取り組んでいるといいます。

不動産とは土地や建物などの動かすことのできない財産です。不動産は財産ではあるのですが、同時に社会資本です。不動産を有効活用して、街を活性化させていく、それが社会貢献となっていく、そういった事業を行っているのがテンワス株式会社であり、代表を務めているのが南文雅貴氏です。

テンワスが不動産賃貸事業を展開しているのは東京都心エリア

南文雅貴

テンワスが手がけた物件

東京都心エリアは常に発展が続き、新しいオフィスビルや商業ビルなどの開発は加速しています。テンワス株式会社はこの東京都心エリアを、より一層活気あふれる街に変えていくことを目指し、不動産賃貸事業、つまり「大家さん」としての不動産事業などを行っています。

強靭なビルづくりや不動産の付加価値向上によって、街やテナント、そこに集う人々に、確かな安心と安全、そして喜びや感動をご提供していくこと。そのすべてを、テンワスだからできること、テンワスにしかできないことの追求によって実現し続けていくことが、私たちの使命であり、存在意義である。

テンワスウエブサイト 南文雅貴社長 挨拶より

テンワスの取り組む主要事業は?

テンワス株式会社の主要事業は大きく4つ、「収益用不動産の企画・開発」「収益用不動産の保有・運営」「不動産の売買」「M&A」に分けることができます。それぞれ、事業内容について見ていきましょう。

収益用不動産の企画・開発で地域のバリューアップ目指す

文雅貴社長とテンワスが取り組んでいる主要事業の一つが「収益用不動産の企画・開発」です。具体的には社会とユーザーのニーズを的確に把握し、デザインやネーミングなどのブランディングにこだわった自社ブランドの不動産を企画・開発しています。テンワスは取得した不動産物件の特色を踏まえて、その街にマッチしたビルをつくることで、地域のバリューアップを目指しています。

収益用不動産の保有・運営で重視するのはテナントとの信頼関係

街にマッチしたビルの企画・開発を行い、新たな価値を生み出した不動産を自社で保有し、テナントの誘致、賃料の設定など、賃貸に関する運営を行なっています。この「収益用不動産の保有・運営」という事業でテンワス株式会社の社長、南文雅貴氏は「人との縁」を大切にしていくこと、そして顧客との固い信頼関係を築くことで、心を動かす明るい街づくりを行なっていくことを目標に掲げています。その実現に向け、物件に入居されるテナント顧客との信頼関係を大切にして、顧客がぬくもりや温かさを感じられるビルの保有、そして運営に取り組んでいます。

不動産売買では独自の幅広いネットワークでマッチング

テンワスには独自の幅広いネットワークがあるそうです。このネットワークを活かして、不動産のマッチング事業を行っています。収益が見込める物件の情報収集や調査・分析を進めて、物件の購入を行っているほか、保有不動産の売却に関わる業務を行っています。

テンワスが事業継承のお手伝いをM&A

テンワス株式会社は不動産会社であり、テンワス株式会社が手がけている「M&A」事業は不動産会社の視点を持って、行っています。後継者不足などで事業継承が困難になっている企業は少なくありません。テンワスのM&Aは不動産物件と合わせた企業譲渡を行うというのが一般的なM&Aと異なるところでしょう。テンワスでは経営者や企業が抱える事業継承という問題に対してM&Aで解決を図る提案を行なっています。

街づくりもテンワスは「人の縁」を重要視して街づくり

南文雅貴

テンワスウエブサイトより

「南文雅貴社長は「人との縁」を重要視しています。また、南文雅貴氏は社長挨拶で「街やテナント、そこに集う人々に、確かな安心と安全、そして喜びや感動を提供していくこと」を使命として挙げておられます。

この南文雅貴社長の考えはテンワスが企画する物件に反映されています。テンワスは周辺地域の現状を綿密に調査・分析し、防犯・防災への対策を徹底して進めながら、テナントやビル設備の地域のニーズを満たしていく、そして取得した物件の特色を踏まえて、その街に合ったビルに仕上げる、という流れで物件と地域との人々が密着した街づくりを行なっています。

「地域活動への積極的な参加」、例えばテンワスの商業ビルが建つ街の商店組合や地域が主催するクリーンキャンペーンに参加することや、交通安全協会と防犯協会にも加盟して、警察や街の方々と定期的に街を巡回し、街の安全を守る活動に協力するといった地域貢献活動はテンワスの物件と地域との人々が密着した街づくりになっていると言えるでしょう。

文雅貴氏の人物像

南文雅貴

テンワス社長・南文雅貴氏

テンワス株式会社の代表取締役、南文雅貴氏が経営について、自社事業についてどう考えているのか、経営理念、そして社訓である「積極一貫」についてなどは同社のウエブサイトに掲載されている社長挨拶で語られています。

“人と世の幸せに貢献する事業を行う”。この理念の永続的な実現に向けて、妥協することなく事業に取り組み、成長し続ける。それが私たちテンワスの姿です。強靭なビルづくりや不動産の付加価値向上によって、街やテナント、そこに集う人々に、確かな安心と安全、そして喜びや感動をご提供していくこと。そのすべてを、テンワスだからできること、テンワスにしかできないことの追求によって実現し続けていくことが、私たちの使命であり、存在意義であると考えています。

テンワスの社訓は、偉大なる哲人「中村天風」師の教えである、「積極一貫」です。「積極一貫」とは、どんなときであっても、明るく、元気に、朗らかに生きようとする、強い心の持ちようです。私たちはこの「積極一貫」を社訓とし、実践することで、社業である不動産事業において新しい未来の創造を続けています。「人とのご縁」を大切にしていくこと、そしてお客様との固い信頼関係を築くことで、心を動かす明るい街づくりを目指し、人と世の幸せのために尽力いたします。

私たちは社業を通じて、皆様と喜びと感動を分かち合い、笑顔のあふれる幸福な未来を切り拓くことに、これからも挑戦し続けてまいります。

テンワス株式会社 南文雅貴氏社長挨拶

人材育成を重視する南文雅貴氏

テンワス株式会社の事業はすべてにおいて「人」が中心に展開しているといいます。南文雅貴氏は社長挨拶で「人との縁」の重要性について述べておられます。この経営姿勢は、テンワスの特徴である「人材育成を最大限に重視」した事業運営に生かされています。

テンワスの企業力の源となっているのは社員一人ひとりの人間力であり、一緒に手を結ぶあらゆる「人」たちとの豊かなコミュニケーションこそが最大の糧になると考え南文雅貴氏は人材の育成に最大限の力を注いでいるそうです。

テンワスの採用について調べました

テンワスの新卒採用について調べました。テンワスでは営業・建築・経理・財務等の総合職を募集しています。入社後、営業職として初任配属後、志向や適性に応じて、経理・財務などの他職種への異動などのキャリアプランが用意されているそうです。

テンワスの営業担当者は不動産に関する情報収集から調査・分析、不動産取得後には企画・立案、設計、施工・管理、そしてテナント誘致や物件の売却まで、テンワスの営業職はプロジェクトの主担当として一貫して携わることになるということです。勤務地は東京本社で、転勤はないそうです。

テンワス採用情報

  • 勤務時間:8:30~17:30
  • 募集学科:全学部全学科
  • 給与:基本給(月給) 大卒 226,000円 院卒 230,000円 賞与あり(年2回)
  • 各種手当:通勤手当、住宅手当、家族手当、宅建手当、その他資格手当、時間外・休日勤務手当を別途支給
  • 福利厚生:健康保険、厚生年金保険、雇用保険労災保険、退職金制度
  • 休日休暇:完全週休2日制(土・日・祝日)、夏季休暇、年末年始休暇
  • 有給休暇 10日/年(1年目)~ 最大20日/年

※有給休暇の積極的な取得を推進しています。

企業概要